ランニングポーチ不要、FlipBeltがランニング時・ジョギング時の最強ツール!

sakura-2015

4月に入り、気候が暖かくなってきました。 冬の間は寒すぎて室内に引きこもっていた人も外に走り出したくなる季節ではないでしょうか。 新生活の節目ということで、ランニングを開始(再開)する方もいることでしょう。

今回はランニング・ジョギングにおすすめなFlipBeltを紹介します。 私も超愛用しています。

FlipBeltとは?

FlipBeltの公式サイトと公式動画です。

FlipBelt – World’s Best Running Belt & Fitness Workout Belt

写真や動画を見てもらうとわかると思いますが、腰に巻くベルトです。 チューブ状になっていて、中にものが入ります。

開封前です。

flipbelt-1

FlipBeltがただのポーチと異なるところは、FlipBeltは装着感が非常に快適なとこです。 フィット感が違います。 まるで何も装着していないような感覚です。
トレランでよく使用されるようなバックパックや、ウエストポーチでは、街中を走るには若干オーバースペックで邪魔に感じるときがありますが、FlipBeltは一切それを感じさせません。

使用用途としては、携帯電話・スマートフォンなどのモバイル端末や簡単な補給食を入れるように使用します。
ランニングパンツのポケットに入れちゃうという方法がありますが、ポケットは意外と深く支えが少ないということから、走ると揺れで中身が大きく振り子のようにふられてしまい不快感を感じることが多いです。

FlipBeltのイメージは、自転車のチューブのような感じです。 チューブに4つの切れ込みが入っていて、そこからものを出し入れします。

flipbelt-2

私がいつも入れている iPhone 5S を入れてみました。
ベルトは常に体にフィットするため、内部で位置がずれていくことはあっても、飛び出してしまうことはありません。 私は iPhone を入れてフルマラソン(42km)走りましたが、中身が落ちるということはありませんでした。

flipbelt-3
flipbelt-4

フックが1箇所ついていますので、鍵等を確実に付けることができます。 一人暮らしの方、家に一人しかいないときでも安心してランニング・ジョギングに出かけられます!

サイズに関して

サイズに関しては、やはり実際につけてみないとわからない部分はあります。 ベルトを装着する部分の好みにもよります。

ここでは、私の場合を書きます。 まずウエストを測りました。 計測部分はへそしたの一番へこんでいる部分と、骨盤のあたりの普通のベルトを締める部分です。 cmをインチに変換します。
– ウエスト(へそした) 72cm = 28.3464 in
– ウエスト(骨盤) 78cm = 30.7086 in

公式のサイズチャートが公開されています。
上の計測結果をもとに、S サイズ (26″ – 29″) を選択しました。
なかなかベストなフィット感です。 特に腰の下の方(ヒップ部分)にFlipBeltを装着するとうまくフィットします。 これでも長時間走ると徐々にずり上がってきてしまいますが。

ちなみに、見た目は似ていますが、ファイテンのベルトのようなサポート性は期待できません。

FlipBelt、快適なのでぜひお試しください。 Amazon.co.jpで買えます。

iOS使用しているなら、RunKeeperおすすめです。 FlipBeltに突っ込んで走りに行きましょう。

RunKeeper: 走行ログ(GPSで取得した経路、タイムなど)を記録するアプリです。記録したデータはPC等からも閲覧可能で管理がしやすい。

Enjoy your ランライフ!

この記事をシェアする:Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

スポンサーリンク

コメントを残す

名前を入力しなくてもコメント投稿可能です (匿名ユーザとして表示されます)。