OLL画像一覧を取得するPythonスクリプト

VisualCube を用いてOLL画像一覧を生成するPythonスクリプトを書いたので公開します。VisualCubeを用いると、様々なケースのキューブ画像を生成することができます。使用方法は、http://cube.crider.co.uk/visualcube.php にパラメータを与えてGETリクエストするだけです。パラメータ一覧は VisualCubeのページ の後半に書いてあります。

まず、OLL画像を作るには、case パラメータが重要です。VisualCubeに手順を指定する方法は、alg パラメータとcase パラメータがありますが、alg パラメータは完成状態に与えた手順を適用させるのに対し、case パラメータは与えた手順を適用させたときに完成状態になるようにします。

OLLをわかりやすく表示するために、stage パラメータに oll を指定することで上面 (黄色) 以外のfaceletをグレーでマスクして、view パラメータに plan を指定することで真上から見た様子を表示します。

例えば、Sune (OLL 27) の手順は R U R’ U R U2 R’ なので、画像は
http://cube.crider.co.uk/visualcube.php?case=RUR’URU2R’ &view=plan&stage=oll&size=256&fmt=png
で取得できます。回転記号間のスペースはあってもなくても大丈夫です。sizeパラメータは画像サイズ、fmtは画像フォーマットです。以下の画像を得ることができます。

visualcube_oll_27

さて、画像生成方法は簡単ですが、OLLは57種類あるのでこれらを一気に作ろうとすると骨が折れる作業です。そこで、OLL全種類の画像を生成するPythonスクリプトを作成しました。

スクリプトファイル: genimg_oll.py

以下のようにオプションで、画像出力ディレクトリ、画像サイズ、画像フォーマットを指定できます。

$ ./genimg_oll.py -o /path/to/images -s 256 -f png
$ ./genimg_oll.py -h  # オプションの詳細はヘルプを見てください。

取得したOLL画像一覧は、oll/images においてあります。

なお、今回はVisualCube作者である Conrad Rider 氏のサーバにあるVisualCubeを使用しましたが、VisualCube はオープンソースなので (Cride5/visualcube) ローカル環境で動作させることも可能です。

次は、PLL画像一覧を作ります。

謝辞: 全OLL手順は roudai.net によるものである。

この記事をシェアする:Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

名前を入力しなくてもコメント投稿可能です (匿名ユーザとして表示されます)。