Googleスプレッドシートで条件付き書式を使い近日中に迫る日付を強調表示する

はじめに

Googleスプレッドシートのちょっとしたテクニックです.
あんまり技術っぽくないテーマですが,自分が少し行き詰まった点でもあり,ピンポイントな既存解説が存在しなかったので,備忘録として記事に残します.

今日,来年以降に開催される国際会議の日程と important date (各種締切日等) をまとめた表を Google スプレッドシートで作成していました.日付を表示するとき,例えば,締切が迫っているものはセルのバックグラウンドを赤色で強調して,そんなに締切が近くないものは黄色,過ぎ去った日付はグレー等で知らせてくれたらいいなと思いました.「条件付き書式」ですんなりできるかと思ったら意外と苦労して,軽く調べてもなかなか解決しなかったので,ここに記録しておきます.

ちなみに,作成した表はこんなやつです.

emphasize-due_0

ポイント

以下が今回のポイントです.

  1. 条件付き書式を使う
  2. テキストフィールド内で関数を使うときは先頭に “=”
  3. 日付はそのまま大小比較できる(日付専用の比較を用いなくてよい)
  4. 評価される項目は最初に一致した条件

それぞれ簡単に説明します.

Read more »

学生注目、GitHub Student Developer Packがいい感じ、GitHubのMicroプランも無料で使えます

はじめに

先日、GitHub Student Developer Packがローンチされました.これを使用すると,今まで利用できたGitHubの申請時から2年間有効な優待プラン,Microプラン(プライベートリポジトリ5個,通常$7/month)を始めとして,GitHub Student Developer Pack – GitHub Educationにリストアップされている提携サービスを無料で使用できるようになります.

GitHubプライベートリポジトリを持つことで,黒歴史を闇に葬り去ることができます.

Read more »

WCAデータベースのMySQLへのインポートにはBigDumpを使うと高速で楽

ブログ初投稿の記事です.

はじめに

一部のスピードキューバの方々はWCAのDatabase exportを利用されていると思います. 近年の公式大会数の増大に伴って,データベースファイルが容易に扱いにくくなるレベルまでサイズが大きくなっています.(2014-11-14現在,sqlファイル約94.4MB)
エクスポートページではSQLファイルとTSVファイルが公開されていますが,これほど大きいサイズのデータを扱うとなると,TSVファイルを純粋なファイル関数やオレオレパーザで現実的な時間で操作することはほとんど不可能になってきています.
そこでSQLファイルを使用して,MySQL等のデータベースを使用するのが妥当でしょう.

公開されているSQLは差分をinsertするのではなく,テーブルをdropして1からデータを挿入するため,データ量が膨大になるにつれ,インポート時間が相当長くなるという問題があります.
さらに,php.iniでいろいろファイルサイズやタイムアウト値を制限されてると変更だったり面倒だし,レンタルサーバ等ではこれらの値を変更されることができずにインポートができないことも考えられます.
仮に変更できたとしても,phpMyAdmin等からインポートすると,1回でインポートしきれないため,途中から再開したりだとかとにかくいろいろ手間がかかりまくりです.

本記事は,BigDumpを使用すると,楽に,高速にインポートできるよ,というお話です.
データベースはMySQL前提です.

※サーバに直接ログインできる or ssh接続できる 等の環境であれば,mysqlコマンドからインポートできるので,本記事はVPS等ではなく共用のレンタルサーバでsshログインが許可されていない場合を想定しています.

Read more »