続・コンピュータ将棋が熱い!おもしろい!

yakushiji

数日前にコンピュータ将棋を知ったという記事を書きました。

Thumbnail of コンピュータ将棋が熱い!おもしろい!コンピュータ将棋が熱い!おもしろい!
terabo.net
電王戦FINAL というイベントが進行中です。棋士 vs. コンピュータの将棋対局です。私はこれの第1局と第2局を見て、コンピュータ将棋の世界というのを初めて知りました。第1局は「斎藤慎太郎 五段 ...

そこでは、将棋のゲーム木は膨大なサイズだから、棋士の思考と単純に比較してコンピュータは不利であるようなことを考えてました。

その後、2015年4月4日に 第4局「村山慈明七段 vs. ponanza」 が行われました。 早速、棋譜が公開されています。 金井恒太五段による観戦記も公開されました (2015-04-11追記)。
結果は、ponanzaが勝利してコンピュータ将棋側が勝ったのですが、その対局に関して第3局で対局したやねうら王の開発者であるやねうらおさんが自身のブログで次のようなことを書いています。

あと後手が横歩を取った時点でPonanzaの定跡が3択(77桂、77銀、77歩)なので、早い段階でこんなにゲームツリーが広くなるような変化に飛び込むのは人間側がすこぶる損でしょう。ゲーム攻略として見るなら、このへんの後手の指し手は最悪の指し手であり最悪の進行です。

電王戦 第四局 Ponanza vs 村山慈明七段 | やねうら王 公式サイト http://yaneuraou.yaneu.com/2015/04/05/%e9%9b%bb%e7%8e%8b%e6%88%a6-%e7%ac%ac%e5%9b%9b%e5%b1%80-ponanza-vs-%e6%9d%91%e5%b1%b1%e6%85%88%e6%98%8e%e4%b8%83%e6%ae%b5/

うーん、ゲーム木広くなるとやっぱさすがにコンピュータ有利なのか。 人間は、木を展開するのは苦手だけど定石と直感からスマートな枝刈りを実施しているということなのかな。
なかなか単純じゃないですね……

そして第5局「阿久津主税八段 vs. AWAKE」のPVが公開されました。
なんだこのドラマは、感慨深い。コンピュータ将棋は、、、想像以上に熱かった。。。
AWAKEが で優勝したのはなにかの運命だったのかと思わせられる。

第5局も非常に楽しみです。2015年4月11日(土)9:00から。
将棋電王戦FINAL 第5局 阿久津主税八段 vs AWAKE – 2015/04/11 09:30開始 – ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/watch/lv199947253

この記事をシェアする:Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

名前を入力しなくてもコメント投稿可能です (匿名ユーザとして表示されます)。