Red Bull Rubik’s Cube World Championship 2018 Japan Qualifier に参加した

昨日開催予定でした東京ピラミンクスオープンが台風で中止になってしまったので、久しぶりに記事を書きました。

ピラオープンに関しては私も選手と運営で参加してたため、非常に悔しい気持ちでいっぱいです。
友達と軽く集まろうみたいなノリと違って、日本中(というか世界中?)から100人を超える人数が大会のためにやってきます。
安全配慮はとても大切にそして慎重に考える必要があり、なおかつ早めに決断しなきゃいけないという使命もあり、すばらしい判断だったかなと思います。

さて、もう1か月前の話ですが、Red Bull Rubik’s Cube World Championship 2018 Japan Qualifier に参加しました。
端的に言うと「レッドブルの大会」です。
これまで、ルービックキューブの大会はWCAが管轄する大会でしたが、一民間企業のレッドブルがマインドスポーツの一貫として、ルービックキューブの世界大会を開催するという大革新的なイベントです。
9月にアメリカボストンで世界大会が開催されるとのことですが、その日本予選として本大会が Red Bull Gaming Sphere Tokyo で開催されました。
いろいろ賛否両論の意見がありましたが、私個人としてはとても楽しみなイベントでした。

Rubik’s World Championship Event – Tokyo – Red Bull Gaming Sphere — Red Bull Mind Gamers

私は、選手と運営として参加でした。
結論としては、非常に素晴らしい大会でした!

選手としては、通常の両手ソルブも出ましたが、Re-scramble (Match-the-scramble と呼ばれることもある) という種目にまあまあ力を入れてました。 この種目はWCAには無くて、今回大会で初めて開催される種目だったため、一番チャンスがあるかなって思ったからです。
当初BLDerが有利なんじゃないかと議論されていましたが、現時点での Ricky Meiler さんの YTUWR (くそはやい) がCFOPで解いているように、非BLDerでも可能性はあることがわかりました(むしろ自由度高くて有利!???)。
大会前から西さんと一緒に会社で練習してました。 夜10時まで会社に残って練習してた日もありました。

大会前は Re-scrambleって競技として地味なんじゃなね???って思ってたけど、実際大会やってみると結構おもしろいなって感想です。
見せ方ってとても大事なんですね。

おばきいさんが決勝のようすを動画で撮影してくれました。
あさとに完敗しています。
あさとはめっちゃ練習してたらしいです。 大会来るといつもすごい人ばっかだから私みたいに適当に練習しただけで「練習しました!」って言うの恥ずかしいですね。

表彰式は仲良いなって言われました。

レッドブルのオリジナルはタイだっていう情報は本当だってよ。
イッティコーンに確認したらそう言ってた。

「レッドブルガールズ」と「レッドブルウィングス」は違うらしい??
彼女たちは「レッドブルウィングス」らしいです。
レッドブルのスタッフのお兄さんが快く写真撮ってくださいました。みんなやさしい!!

本大会は、新しいスタイルの大会でやるほうも見てるほうもとてもわくわくしました!
とても楽しかったです。
とてもよい大会でした。

この記事をシェアする:Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Email this to someone
email

コメントを残す

名前を入力しなくてもコメント投稿可能です (匿名ユーザとして表示されます)。